思いを言葉にしてみる【自分を分析できる】

読書ハゲ

日々の想いを言葉にしてみる。自分のことが分析できて、もやもや感が無くなりますね。

こんな人に読んでほしい

自分のことを知りたい人

言葉が好きな人

自分に自信をつけたい人

目次

言葉にすると理解が深まる

言いたいことや、思っていることは頭の中だけにとどめておかず、勇気をもって言葉にしてみる

今回の記事で僕が言いたいことは、この一文に詰まっています。

言いたいことは言葉にしてみる。思っていることも言葉にしてみる。考えていることは、必ず言葉にしてみる。

言葉にするということは、音声として口から発するだけでなく、文字として、文章にするということも含みます。

脳内で考えていることを視覚的に把握するために、書くことが有効。聴覚として理解するためには口に出すことが有効。

そうすることで他人にも自分の意思(意志)が伝わります。

自分をもっと知るために

毎日、朝起きてから夜寝るまでの間、脳は自分のことを考えています。

何時になったら家を出て、この道を通って会社に行き、赤信号で車を停めて、上司に出合えば挨拶する。何の変哲もない日常ですが、脳はフル回転しています。

当たり前のことをするために、脳は一生懸命考えています。そんな脳をちょっと休めるために、思考を整理してみましょう。

自分の思うことを書き出してみる。思うがままに。日記でもいいでしょう。今日一日の出来事を箇条書きで並べ、それに対するコメントをつけてみる。

日記については以下の記事でもふれています。

文字にすることで思っていることが視覚的に把握できますね。

言葉を深く考える

文字にした言葉をじっと見つめてみましょう。ふだん、一つの言葉、一つの単語をじっくりと見つめる機会はあまりないですね。

単純な言葉ほど、ふか~い意味が込められていると僕は思っています。

僕の好きな言葉。

唯一、単純明快な言葉だけが世界を救うことができる。

どこでみかけたのか忘れてしまいましたが、今でもずっと僕の心に残る言葉です。

言葉について考え抜くことは自信につながる

言葉って不思議なもので、人を勇気づけもするし、容易に人を傷つけもします。同じ言葉でも、使う人によって受ける印象は異なりますし、正反対の結果を生み出すこともしばしば。

そんな言葉ですが、言葉を深く考えることは、自分に対する自信へとつながります。

なぜなら、言葉と向かい合うことで自分をより深く理解するようになるから。自分のことを理解している人ほど、自身に満ち溢れています。

¥946 (2023/01/09 06:35時点 | Amazon調べ)
\最大15%ポイントアップ!/
Amazon

『自省録』は自分を理解するために、自信をつけるために最高の本です。人生観をも変えてしまう本だと、僕はいたるところで話しています。

アマゾンで試し読みしてください。本屋で実物を手に取って、数ページでもいいので読んでみてください。

詳しくは以下の記事にて解説しています。

言葉と向き合い、自分をよりよく理解できる人生。そんな人生が有意義でないはずがありませんね。

思いは言葉に。言葉はより良い人生を導くたいせつなものです。

目次